夢、育む。一挙両得

学園生活

調理高等科卒業生

パークハイアット東京(西洋料理)高田 末璃香(平成25年度卒業生)

高田 末璃香(平成25年度卒業生)

  • 人が喜んでくれる料理を作れる料理人になりたい。
  • 仕事ではあまりないが、一人暮らしを始めて、私生活が今までとはくらべものにならないほど変化し、辛かった。ホームシックにもかかった。
  • ホテルの売店で、時々販売や接客もするが、やはりお客さんがおいしいと褒めてくれたり、喜んでくれる姿を見られることがとても嬉しい

後輩に後輩にメッセージメッセージ

先のことを深く考えすぎないで、学生時代という限られた時間を目一杯楽しんでほしい

銀座アスター金町店(中国料理)福田 竜(平成18年度卒業生)

福田 竜(平成18年度卒業生)

  • 独立して自分の店を持つこと。ただし現時点では、まだ会社に一人前と認めてもらえていないので、上司に認めてもらって役付きになること
  • 新しい仕事をすると失敗が多く、叱られることと何にも出来なくて、自分の実力を思い知らされたとき
  • 仕事を認められて、上司に褒められたとき 最初は洗い物や仕込みばかりだったが、今では自分の作った料理をお店に出せるようになった。自分の作った料理を、お客様がおいしいと言ってくれたときはとても嬉しい

後輩に後輩にメッセージメッセージ

今の生活の中ではあまり感じないことと思うが、学生時代にしっかり勉強しておいたほうが良い。
アルバイトはとても良い勉強になるので、是非やると良い

日本料理 千仙(日本料理)友光 啓介(平成20年度卒業生)

友光 啓介(平成20年度卒業生)

  • 小さくてもいいから、独立して店をやりたい
  • 時期によって仕事量、忙しさの差が激しいこと
  • 自分の作ったもの、盛り付けたものが、親方のチェックを受けた時、そのままお客様に出された時
    今まで扱ったことのない魚や材料が来たとき、新しい仕事が覚えられると思い、嬉しい
    たくさんのお客さんの料理をこなした後の心地よい疲労感がいい
    賄いを作って褒められたとき

後輩に後輩にメッセージメッセージ

一日一日の積み重ねが大事。今日という一日を真剣に生きて欲しい。

情報高等科卒業生

大東文化大学 法学部 藤井 育美(平成25年度卒業生)

藤井 育美(平成25年度卒業生)

野田鎌田学園では、情報の知識を身に付け、資格を取得することに専念しました。
現在は、大東文化大学法学部法律学科で「相手を納得させること」と念頭に置いて法律に関して勉強しています。自分自身の目標に向かって社会で生き抜くための土台作りをしています。